『この世の終わりなど見たくはない』特集 part1

取材、構成、テキスト:志田歩  写真:名越啓介

CD_POE06

2015年9月発売 「この世の終りなど見たくはない」

 

○朴保とは何者なのか?

1955年に山梨県で韓国人の父と日本人の母の間に生まれた朴保は、1979年に広瀬友剛という名のソロ・ヴォーカリストとしてメジャー・デビュー。

1-1 126

朴保 (Vocal,Guitar)

翌1980年に韓国を訪れたのをきっかけに、朴保と改名した後、1983年から90年代序盤にかけては、アメリカで60年代のフラワー・ムーヴメントの聖地であったサンフランシスコを拠点として活躍し、90年代半ばからは再び日本で活動しているベテラン・アーティストだ。 彼の特異な点は、その全キャリアを通じて、日本と朝鮮半島のみならず、アメリカン・ロック、レゲエ、そしてネイティヴ・アメリカン、アイヌ、沖縄(琉球)といった先住民族など、様々な文化的な領域を縦横無尽に行き来することで培い、研ぎ澄ませてきたマルチ・カルチャーな世界観にある。これはいわゆる“ミクスチャー”というレベルではない。デスクトップ上で手軽に繰り広げられる順列組合せではなく、彼自身の内に宿った様々な文化的なコードが融合することで、朴保の心身は長いキャリアを経てハイブリッドなメッセージを発信する器官へと進化してきたのである。

 2015年のニュー・アルバム『この世の終わりなど見たくはない』は、今回新たに結成した新バンド、ボーディダルマ(Bodhidharma=菩提達磨の意)によりレコーディングされた。本作で奏でられている楽曲は、そのいずれもが、彼の長いキャリアの経験のひとつひとつが思いもかけぬ形で、しかしまるであらかじめこのアルバムでの実りをもたらすためにプログラミングされていたかのように結びついた結果、生まれ落ちたものばかりだ。

 

% | % | % | % | % | % | % | % | % | % | % | %