Biography

朴保(パク・ポー)IMG_7383_small_small1.jpg

1955年 山梨県にて韓国人の父・朴釘来(パク・ジョンネ)と日本人の母・広瀬美重子の間に
生まれる。father_and_mother2

1965年 ギターを始めた兄に誘われ、バンドでドラムを叩き始める。1970

 

 

 

 

1979年 「広瀬友剛」の名でソロ・シンガーとしてワーナー・ ブラザーズ・アトランティックレーベルからデビューシングル『ウェブロ(なぜ呼ぶの)』/アルバム『それでも太陽が』を発表。IMG_17891clip_image002

1980年 韓国を訪れ、パンソリなどの伝統音楽に触れる。1981-2
「朴保」に改名。「朴保&切狂言」を結成。

1981年 埼玉県「原爆の図・丸木美術館」にて多くのミュージシャンを集めフリーコンサートを企画・主催

 

 

1983年 反原発のコンサート「NO NUKES 2」に招かれて渡米したが中止になり、ストリート・ミュージシャン後にサンフランシスコで自身のバンド「Ogie Yocha」/「Psychedelic Samurai and I」を率いて活動、ネイティブ・アメリカンの聖地・Big-Mountainでの集会コンサートに招かれる他ネヴァダの核実験場跡で『Hiroshima』を歌うなど西海岸の音楽シーンと平和運動に於いて注目を集めジェリー・ガルシア(グレートフルデッド)、ピート・シガー、ピート・シアーズ(ジェファーソンスターシップ他)、ナラダ・マイケル・ウォルデン、デビッド・リンドレイ、カントリー・ジョー・マクドナルド、チェピート・アリアス&マイケル・カルベロ(サンタナ・バンドのパーカッショニスト)といった数多くのミュージシャンとセッションを重ね、交流を深めるSAVE00~10

1992年 母の危篤のため帰国。 「朴保&切狂言」の活動を再開。「朴保&His Band」結成。

1993年 「東京ビビンパクラブ」に参加。

1995年 アルバム『WHO CAN SAVE THE WORLD?/朴保&切狂言』を発表WHO CAN SAVE THE WORLD

1996年 『東京ビビンパクラブ』1stアルバム発表。カセット『X’MAS SONG/PAK-POE』を発表東京ビビンパクラブ

1997年 「朴保Band」結成。

1998年 ピースボートに乗船し、中国、ベトナム、カンボジアを訪問、ダナンとプノンペンでライブを行う。
ソウルにて巖仁浩(オム・イノ)率いる「新村ブルース」と3日間のジョイント・ライブを行う。
『Good Night Baby/朴保Band』を発表。ドキュメンタリー映画『A』(監督:森達也)の音楽を担当。GOOD NIGHT BABY

1999年 「波人(パド)」結成。新宿梁山泊『少女都市からの呼び声』ニューヨーク/東京公演に出演。

2000年 日韓共同、同時発売アルバム『朴保&巖仁浩/時は流れる』を発表rainbow_bridge

2001年 東海道400年祭祝祭劇『佐久夜』(総合演出:市川猿之助、音楽:加藤和彦、美術:朝倉摂)に出演
ピースボートで朝鮮民主主義人民共和国/大韓民国を訪問、両国でライブを行う。

2002年 映画『夜を賭けて』(監督:金守珍、原作:梁石日、脚本:丸山昇一) の音楽を担当。
サントラ・アルバム『夜を賭けて』マキシシングル/アルバム『いつの日にかきっと』 を発表
いつの日にかきっとsingle夜を賭けて

 

 

2004年 『波人』1stアルバム発表波人

2007年 オリジナル曲『傷痍軍人の歌』が宋神道(ソン・シンド)さんの慰安婦裁判の闘いを追ったドキュメンタリー映画『オレの心は負けてない』(監督:安海龍)のエンディングテーマとなる。

2008年 ドキュメンタリー映画『朴保~歌いたい歌がある』(監督:田中幸夫)が韓国の「在外同胞映画祭」に出品される。49186037_95

2009年 デビュー30周年記念アルバム『架橋~未来へ/朴保バンド』を発表架橋~未来へ
ドキュメンタリー映画『PAK-POE』(68分/監督:田中幸夫)が東京・大阪で公開。

2012年 福島原発事故による子ども救済の為にオーストラリアでアルバム「Rough Diamond」制作、寄付活動を展開

2013年  ソロアルバム『IMAKOSO』発表(12インチアナログ盤にCDが附録)[POE-04-00]front

2014年 デビュー35年
ドキュメンタリー映画『朴保』発売65min(監督:田中幸夫)字幕:日/韓/英

20141120DVD
1990年にサンフランシスコのスタジオで録音した『ONENESS』をCD化
ジャケ写OS_2-1digipack-insert [POE-05]

2015年 アルバム『この世の終わりなど見たくはない』発表
デビュー・アルバム『それでも太陽が』のギターリスト土屋潔とベース宮下恵補が再び集いニューバンド<Bodhidharma >結成。
p12-jacket-omote [POE-06]
EP

アルバムには限定付録でEPレコード
 

 

 

この他、毎年行われる春一番(5月・大阪)札幌げんき祭り(8月・北海道)アイヌモシリ一万年祭(8月・北海道)満月祭(8月・福島)山水人祭り(9月・滋賀)ワンコリア・フェスティバル(10月・大阪)などのピース・イベントに参加、8月の広島にて被爆追悼ライブを慣行。現在も海外を含めて精力的に活動中。

Pak Poe  Chronology

Jan 24th 1955 Born in Yamanashi, Japan.1958
A Korean father and a Japanese mother.
Started playing drums at the age of ten and formed a band with his older brother when he was twelve.

1979 Released his first album “Sore demo taiyo ga” (Shining Again) on the Warner Brothers Atlantic label.
Solo debut with “Why Are You Calling Me?” written by the Korean singer/song writer Son ChanSik.
First Korean song to be released in Japanese.

1980 The band “Pak Poe& Kiri Kyogen” formed.
This was the first band in Japan to combine rock+roll, reggae and traditional Korean
instruments, rhythms and melodies.
“Pak Poe & Kiri Kyogen” made their name playing in clubs, halls and outdoor venues.
They became especially well-known in peace movement circles in Japan, playing at benefit concerts protesting nuclear power and for human rights issues of minority groups.

1983 Pak Poe went to the USA to play at the second ‘No Nukes’ concert.
He ended up spending the next the years in Berkeley and San Francisco, once again establishing himself in the music scene and peace movement circles with his new band “OgieYocha”(Korean “Rowing the Boat Together”)
They played alongside many other great artists including Jerry Garcia, Country Joe, Richie Havens, Pete Segar, David Lindley and Narada Michael Walden.
Pak Poe took a special interest in the Hopi Indians. The first performer to play on the Hopi tribal land Big Mountain.
He also organized the Hiroshima Day concerts in Golden Gate Park. And KPFA radio station invited for two-hour special.
1990
1992 Returned to Japan has since performed in “Tokyo Bibimbap Club” an ensemble of veteran musicians backgrounds-jazz, punk, rock, traditional Korean, Japanese and world beat.

1995 Pak Poe reformed his old band, Kiri Kyogen “WHO CAN SAVE THE WORLD?” on an independent label.

1996  “Tokyo Bibimbap Club” first CD released.

1997  “Pak Poe band” started.

1998 Peace boat Tour, visited China, Vietnam, Cambodia, performed in Da Nang and Phnom Penh.
Pak Poe Band and “Shincyon Blus Band” 3days joint live in Seoul.

1999   “Pado” band started. As an acter for Shinjuku Ryozanpak
“A Cry from the city of virgins” at Japan society theater in New York.

2000   Japan-Korea collaboration album “Rainbow Bridge” released at the same time by
Pak Poe & Om InHo.

2001   Pak Poe performed “400years Tokaido anniversary festival” Kabuki “Sakuya”
(general direction: Ennosuke Ichikawa, music: Kazuhiko Kato, art: Setsu Asakura)
North Korea & South Korea in peace boat, live in the two countries.

2002   A movie “Through the Night” music director.

2007 The original piece of music “Comfort Woman” for documentary movie
“Ore-no kokoro-ha maketenai”.

2008   Documentary film “The Pak Poe ~song which wants to sing” it is exhibited at
“an overseas countryman film festival” of Korea.

2009   Documentary film “PAK POE” shows it in Tokyo, Osaka.

2011/2012   The day the atomic bomb was dropped on Hiroshima in midsummer, PAK POE has appeared in live performances in the atomic bomb dome..

2013   “IMAKOSO” 12inch vinyl records w/CD released.[POE-04-00]back
“Redemption Song” coverd

Haru Ichiban(Spring’s first south wind)(May, Osaka), Sapporo spirit festival(August, Hokkaido), Ainu(Japanese Minority)mosiri 10,000years festival(August,Hokkaido), Takae music Fes in Okinawa, One Korea Fes(Oct, Osaka), Hiroshoma Tour(Aug), “Stop the Nuclear power plant” in Yokohama